---スポンサードリンク---

パチンコ情報

CRダークフォース パチンコ|スペック・ボーダー・止め打ち・演出・解析まとめ

投稿日:2016年7月7日 更新日:

ダークフォース
新台パチンコ「CRダークフォース」のスペック・ボーダーライン・演出情報です。

「CRダークフォース」のスペック・解析・ボーダーラインなどの攻略情報から、演出や打ち方などの細かな情報も同時に掲載してます。
最新の解析が公開され次第、随時情報を追加・更新していきます。

---スポンサードリンク---

スペック・概要

概要・導入日

項目 内容
メーカー サミー
導入日 2016年7月4日
導入台数 約5,000台
タイプ 変則タイプ

スペック

基本データ
項目 内容
初当たり確率 1/19.2
高確率中 1/19.1
賞球数 1&7&15
カウント 3c
確変突入率 100%
転落確率 1/36.7
時短 33+α回転
大当り出玉
14R 630個
7R 315個
2R 90個

当選時振分け

当選時の内訳
大当たり時 電サポ 振り分け
14R確変 33回転保障
(転落まで継続)
10%
7R確変 24%
2R確変 66%

ボーダーライン

ボーダーライン
交換率 表記出玉 出玉5%減
2.5円 341 359
3.0円 319 336
3.3円 310 326
3.5円 303 319
等価 292 308

※6時間遊戯

攻略打法

本機には通常時から止め打ち(と言っても非常に簡単)を行うことで、回転率を大きくUPさせることができるます。

3発打つだけ!

通常時は普通図柄(スルー)を当選させ電チューを開放させること(フォースチャンス)が最大のです。

重要なのは、盤面には2か所スルーが存在し、打ち出した玉のほとんどすべてが、どちらかを通過するということです。
さらに、1つの玉が2つのスルーをダブル通過することも頻繁起こります。
そのため止め打ちが効果が期待できます。

普通図柄の保留は4個で、超高速で変動し、それでもリーチや先読み演出が発生すればオーバー入賞(通過?)してしまいます。
それを防ぐのが3発打ちです。

手順は至って簡単です。
3発打ち出したら打ち出しを停止し、保留がなくなったら再度3発打ち出す
これだけです。

現時点での実戦上では打ちっぱなしだと240~250回転/1000円が、300~320回転まで上昇する模様です。
通常のパチンコに置き換えるなら、こんなお手軽打法で、千円あたりの回転率を5回転ほど上乗せできるます!

本機は非常に回転効率がよく、1時間あたり約3800~4000回転もまわすことができるため、安定感も非常に高いです。
勝つためには必ず止め打ちを実践しましょう!

ゲーム性

キーワードは「無駄玉徹底排除」で基本的なゲーム性は、まずスルーチャッカーを通して普通図柄抽選を行い、当選すると特別図柄に入賞するアタッカー式入賞口が開放します。
基本的に1回の当選で5変動させることができ、その間に特図で当選(確率は1/19.2)すれば連チャンゾーン「フォースラッシュ」に突入します。

ラッシュ中は平均約12秒に1回大当りし、高い大当り確率と超高速変動により怒涛の大当りRUSHとなります。
大当り図柄は3つで、「3」図柄なら実質2R、「7」図柄なら実質7R、「V」が揃えば14R大当りです。

その他

公式PV

スポンサードリンク

---スポンサードリンク---

仮想通貨

おすすめの投資

私も今年からはじめたのですが、仮想通貨の市場が凄い沸騰しています!
自分も3桁で含み益が出ています!
今後、ますます盛り上がっていく市場ですので、興味のある人は早めにはじめた方がいいですよ!

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

使いやすい操作画面で、国内最大級の仮想通貨の種類がラインナップ!
ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)、などなどスマホから簡単に購入でき1,000円からでもはじめられますよ♪

ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引量「NO.1」安心安全! ビットフライヤーは、ビットコインにレバレッジをかける、ビットコインFXで勝負するには最適です♪

▶仮想通貨ブログはこちら

投稿大募集!

投稿大募集中!

こちら機種に関する情報をコメント欄にて募集しております。
「プレミアム画像」「大勝ち」「大負け」「感想」「評価」などなんでもOKです!


頂いた情報をまとめて掲載させて頂きます。
コメント欄に投稿頂けると嬉しいです(・∀・)
随時募集しておりますので、面白画像や実践報告など随時募集しております。

コメント欄は記事の一番下にあります↓

-パチンコ情報

執筆者: