---スポンサードリンク---

実践記事

アナザーゴッド初エナで天井到達!!結果は如何に??

投稿日:2014年3月1日 更新日:

アナザーゴッドの初エナで天井到達しました!
結果は如何に!?

---スポンサードリンク---


夕方の18時くらいに拾いました。
894G
700Gから打てるとしてますが、
初エナはなかなかの台をゲットできました。
ハーデス.png
打ち出すと
まぁ何にもきませんw
いや!正確には
きても空気のようにスルーされるんですねw
フリーズ以外当たる気がしない感じです。
恐らく低設定台はこのような感じで、
平気で1000以上のハマりが何連チャンもするのでしょう。
まさしく吸引機です。
全く危なげなく、
20140226_193236.jpg
天上突破\(^o^)/
投資26kでございます・・
・アナザーゴッド天井恩恵
①天井到達時はAT1セット以上(継続率50%以上確定)
②上乗せ特化ゾーンのハーデスを1つ以上をストックする。
ハーデス(約300G期待)
100G+α(10G+継続率 冥王揃い確率UP。冥王が揃うと1/5で0G連)
というのが最新の恩恵情報ですね。
ハーデスは平均300ゲームの獲得が見込めるため、
ある程度の出玉に期待することができます(^^)
前回はフリーズからの冥王揃いでのハーデスで
+200という残念な結果でしたので、
ここは夢の四ケタなんかも・・
と妄想してましたw
それではまいります!!
いざ!!GODよ降臨せよ!!!
20140226_193404.jpg
ハーデス!!
勝負だぁ!!!
20140226_193459.jpg
でぇでぇぇーーん!!\(^o^)/
ヒヤッホー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
この時、知り合い等4人くらいい見られている中での
100でしたよww
1回もカットインすらきませんでした\(^o^)/
もう最高ですw
結果
20140226_194345.jpg
-23000
お疲れさまでした(__)
まわりを見ていても結構100や200で終わってますね。
過度の期待は禁物です。
また、もうひとつの恩恵
天井到達時はAT1セット以上(継続率50%以上確定)
もスルーでした\(^o^)/
こんな感じで、アナゴの期待値の記事が色々出てますが、
こんなのもありました。
初当たり確率とペイアウトから平均払い出し枚数を計算して
天井期待値を計算したんだけど、設定1前提だと
750~で-40円
800~で+380円
850~で+920円
900~で+1720円
950~で+2750円
1000~で+3920円
というように意外と厳しいかもしれませんよね。
実際、900Gから打って、投資26kで期待値1500枚の
天井ですから・・・
というこうとでボーダーは900Gにしたいと思います。
以上メシうま稼働でした(^^)
応援宜しくお願いします
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
オススメのブログ
FXで毎月100万を稼ぐための手法と思考
アフィリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ
◆編集後記◆
復収入でシステムFXを行ってます。
色々探しましたが、使用している中でも、
時間がとられず、再現性の高い結果が出てます。

1日1回3分の簡単操作で勝ち続ける! 信頼と実績のインプルーブ!遂に至高の最終システム完成!! “Market Hunt System Premium”
質問等あればご連絡下さい(^^)

スポンサードリンク

---スポンサードリンク---

仮想通貨

おすすめの投資

私も今年からはじめたのですが、仮想通貨の市場が凄い沸騰しています!
自分も3桁で含み益が出ています!
今後、ますます盛り上がっていく市場ですので、興味のある人は早めにはじめた方がいいですよ!

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

使いやすい操作画面で、国内最大級の仮想通貨の種類がラインナップ!
ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)、などなどスマホから簡単に購入でき1,000円からでもはじめられますよ♪

ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引量「NO.1」安心安全! ビットフライヤーは、ビットコインにレバレッジをかける、ビットコインFXで勝負するには最適です♪

▶仮想通貨ブログはこちら

投稿大募集!

投稿大募集中!

こちら機種に関する情報をコメント欄にて募集しております。
「プレミアム画像」「大勝ち」「大負け」「感想」「評価」などなんでもOKです!


頂いた情報をまとめて掲載させて頂きます。
コメント欄に投稿頂けると嬉しいです(・∀・)
随時募集しておりますので、面白画像や実践報告など随時募集しております。

コメント欄は記事の一番下にあります↓

-実践記事

執筆者: